きれいな 歯並びが 自信の源に Clean tooth alignment will be the source of confidence

24時間WEB予約受付中! インビザラインサイトはこちら

当院が選ばれる8つの理由 eight reasons

  • Correct

    正確な診断

    新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックでは、受診される患者様1人1人を丁寧に診察し、正確な診断ができるよう心がけています。私たちは患者様が抱えている悩みに耳を傾け、お口の中を詳しく診察することで、正確な診断をし、その患者様に最もあった治療方法をご提案します。

    MORE
  • Polite

    丁寧な治療

    新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックでは、患者様が安心して治療にのぞんでいただけるよう、1回1回心を込めた丁寧な治療を目指しています。通院される際は、矯正器具の調整・歯並びの状態だけでなく、虫歯予防の治療や日々のブラッシング指導なども行い、効果的で安全な治療を心がけます。

    MORE
  • Consultation

    矯正相談無料

    矯正治療は治療期間が長く、治療方法や費用もさまざまです。患者様が納得・安心し治療が受けられるよう、矯正歯科専門医による無料相談を行っております。些細な事でも、新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックにお気軽にご相談ください。

    MORE
  • Case

    豊富な症例実績

    正しい矯正治療を行うためには歯科医師の経験と実績が非常に大切です。新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックの歯科医師・歯科衛生士は長年、矯正治療に携わっておりますので、ご安心して受診ください。

    MORE
  • Less pain

    目立たず
    痛みの少ない治療

    矯正治療は装置が目立ちやすいと気になっている方も多いと思います。新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックでは、マウスピース型の矯正装置を導入しており、非常に審美性に優れているので気づかれることなく、矯正治療を行えます。

    MORE
  • Evil habits

    舌の悪習癖の改善

    新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックでは矯正治療を行う方に専門のトレーニングを受けた歯科衛生士によるMFT(マイオファンクショナルセラピー)という口腔内の筋肉の訓練を実施しています。舌をはじめとする口腔内の筋肉を正しく使えるようになることで、矯正治療の後戻りを防ぎ、効果を長く保つことを目指します。

    MORE
  • Do not pull out

    出来るだけ
    歯は抜かない治療

    矯正治療と耳にすると、抜歯のイメージを抱く方もいます。しかし新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックでは、できる限り患者様の歯を残し、抜歯しない矯正治療を心がけています。

    MORE
  • Wide range

    小児から大人まで
    幅広く対応

    矯正治療は成長段階のお子様と、大人の方とで治療方法やかかる期間に違いがあります。新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックは、お子様にも大人の方にも矯正治療を行なっています。それぞれの患者様に合った矯正治療を提案いたします。

    MORE

新宿区早稲田駅前デンタルクリニックで、
目立ちにくい歯列矯正なら

新宿区早稲田駅前デンタルクリニックで、目立ちにくい歯列矯正なら インビザライン

インビザライン

  • 出っ歯
  • 受け口
  • すきっ歯
  • ガタガタ歯並び
  • つけていることに気付かれない位、自然な見た目つけていることに
    気付かれない位、
    自然な見た目
  • 取り外しが可能で食事の制限が無く、日常生活への支障が少ない取り外しが可能で
    食事の制限が無く、
    日常生活への
    支障が少ない

「矯正は高いから…」と諦めていたアナタに!気軽に気付かれない矯正

  • 矯正装置を気にせずに笑いたい
  • 食事制限はしたくない
  • 歯磨きの手間を増やしたくない

インビザラインで直すことができますインビザラインで直すことができます

インビザラインとは

治療費 治療の流れ

お気軽にご相談ください

初回無料矯正カウンセリング

歯並びに少しでも不安や、疑問点、治したいところがございましたら、
新宿区早稲田の早稲田駅前デンタルクリニックまで一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

院長メッセージ DOCTOR’S MESSAGE

この度は、当院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。新宿区、早稲田駅前デンタルクリニックでは、地域の総合歯科診療所として大人から子どもまで幅広い年齢層の患者様のお口の健康をサポートしています。スタッフは患者様により良い医療を提供するため、学会などにも積極的に参加し、向上心を持って歯科医療に取り組んでいます。

数ある歯科医療の分野のなかでも、当院ではとりわけ矯正歯科に力を入れており、多くの症例数を誇ります。新しい技術にも目を向け、目立ちにくいマウスピースの矯正器具を使用した歯科矯正や、口元の筋肉を正しく使えるよう訓練するMFT(マイオファンクショナルセラピー)というトレーニングなどを導入し、後戻りのしにくい1人1人の患者様にあった矯正治療をご提供いたします。
また、患者様に安心して受診いただけるよう、院内感染予防や衛生管理に最新の注意を払っております。治療器具は患者様ごとに滅菌を行い、コップやグローブなどは使い捨ての可能なものを使用するなど、スタッフ全員が衛生面を意識し、治療に当たっています。

院長 川端 秀男
  • 略歴
  • 平成5年  日本大学大学院歯学研究科卒業
  • 平成6年  日本大学歯科病院口腔外科勤務(助手)
  • 平成8年  早稲田駅前デンタルクリニック開業
  • ※現在日本大学歯学部付属歯科病院インプラント診療科にてインプラント治療に従事しております。
  • 資格
  • 日本口腔インプラント学会 口腔インプラント専門医
  • 日本歯科放射線学会 歯科放射線専門医
  • 所属
  • 日本口腔外科学会会員
  • 日本臨床口腔外科医会会員
  • 日本歯科放射線学会認定歯科医
  • 日本口腔インプラント学会認証医
  • 日本口腔インプラント学会 医学倫理審査相談委員
  • 日本口腔インプラント学会 代議員
  • アメリカ歯周病学会(AAP)会員
  • アメリカ骨結合型学インプラント学会(AO)正会員
  • 日本大学歯学部インプラント治療チーム参画
  • 日本口腔インプラント学会
  • <学会発表/口頭発表>
  • 平成22年9月
  • 毛細血管観察スコープを用いた歯肉毛細血管網の観察
  • 平成23年2月
  • 抜糸窩治癒過程における歯周組織血管構築の変化
  • 平成24年2月
  • 右側下顎臼歯部破折後にインプラントにて咬合回復を行った1症例
  • 平成24年7月
  • フッ化物処理吸収性合成ハイドロキシアパタイトを用いたビーグル犬顎骨部インプラント埋入における骨再生の解析
  • 平成25年9月
  • 第43回日本口腔インプラント学会学術大会9月15日於福岡国際会議場
  • 細菌数測定器による有効性と年齢及び舌・インプラント部位比較
  • 平成26年9月
  • 第44回日本口腔インプラント学会学術大会
  • 発表:上部構造におけるアクセスホール内の所変化について
  • 平成26年11月
  • アジア・パシフィックアカデミーインプラント口腔医学会
  • 外傷にて歯根破折後インプラントにて審美的に修復した1例
  • 平成27年9月
  • 第45回年次学術大会
  • 自家抜去歯を骨造成に応用した症例ー手用歯牙粉砕機における効果ー
  • 平成28年9月
  • 第46回公益社団法人 日本口腔インプラント学会学術大会
  • 4種の血小板濃縮材料における増殖因子レベルの比較研究
  • 平成29年2月
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会
  • 第36回 関東・甲信越支部学術大会
  • An Evaluation of the Accuracy of the Subtraction Method Used for Determining Platelet Counts in Advanced Platelet-Rich Fibrin and Concentrated Growth Factor Preparations
  • 4タイプの結晶板濃縮材料調整における遠心条件が及ぼす血球分布への影響
  • 平成30年2月
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 第37回関東・甲信越支部学術大会
  • 短期保存血液から調製したPlatelet-rich fibrinは新鮮血由来のものと同等の性能を持つ
  • 平成30年9月
  • 第48回公益社団法人 日本口腔インプラント学会学術大会
  • 1週間保存血液から調製したPRFは再生治療に有用な品質を維持している
  • 平成31年2月
  • 東京歯科大学口腔インプラント学講座 第38回関東・甲信越支部大会
  • ポケット分光光度計を用いた簡便・低コストな血小板カウント法
  • 論文
  • Springer Open(英国)/公益社団法人 日本口腔インプラント学会
  • Mechanical and degradation properties ofadvanced platelet-rich fibrin(A-PRF),concentrated growth factors(CGF),andplatelet-poor plasma-derived fibrin(PPTF)Springer Open(英国)/公益社団法人 日本口腔インプラント学会
  • Platelet-rich fibrin prepared from stored whole-blood samples
  • Quantitative evaluation of morphological changes in activated platelets in vitro using digital holographic microscopy MDPI(スイス)
  • Quality Assessment of Platelet-Rich Fibrin-Like Matrix Prepared from Whole Blood Samples after Extended Storage

矯正専門医か否かの違い

歯科医師であれば、診療所の標榜科目として、治療経験の有無に関係なく歯科、口腔外科、小児歯科、矯正歯科の4つの診療科目を標榜する事ができます。しかし、歯科大学卒業後、歯科医師国家試験に合格し、免許を交付されたとしても、実際、矯正治療をおこなえる歯科医師はほとんどいません。
矯正治療は虫歯の治療などの一般歯科分野とは異なり、専門の知識と技術が必要ですが、歯科医師であれば、誰でも「矯正治療」を標榜できるため、専門技術や治療経験が不十分な歯科医師が治療を行った結果、高い費用と長い治療期間をかけた割には、治療がうまくいってないケースが多数見受けられます。

これから矯正治療を受けられる患者様にはぜひ高い技術力と信頼における矯正医のもと満足のいく治療結果であってほしいと願っております。しかし、患者さまが技術力のある矯正医を判断するのは、困難だと思いますので、ひとつの基準として矯正専門医の資格を有しているかを参考にすることをお勧めします。

現在日本には10万人の歯科医師がいて、その中の約20,000の歯科医院が診療科目に矯正歯科を標榜していますが、実際に国家試験合格後矯正の専門教育を受けた歯科医師は、3,000人程度にすぎません。この3,000人の中で技術審査をパスしているのが矯正専門医です。
現在、矯正専門医の資格は、日本矯正歯科学会など、3団体が審査を行って資格を授与しており、3団体合わせて約450人の専門医がおり、それぞれの団体が厳しい基準で審査をおこなっていますので、矯正専門医は高い技術と知識を持っていると考えていいでしょう。
ただし、専門医の資格を取得していない矯正医の中にも技術力の高いかたもおります。専門医の資格が絶対条件ではございませんが、資格取得を通して多くの知識、最善の結果を予測する経験がございますので、客観的な指標の一つとして参考にしていただけたらと思います。

QUESTION & ANSWER 歯並びのQ&A

MORE

  • 医療法人社団 育秀会 早稲田駅前デンタルクリニック Waseda-ekimae Dental Clinic
  • 12月
  • 1月
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

休診日

18時までの診療

  • TEL 03-3232-6482 診療時間 午前9:30~13:00  午後14:30~19:00
  • お問い合わせ

Copyright © Waseda-ekimae Dental Clinic ,All Rights Reserved.